トラックの買取相場はいくらなの?

今まで使用してきたトラックを売却したいが相場はどのくらいなのか?と思っている方に少しでも高く売れた方法をご紹介します。

 

こちらが私がオススメする一番高く売れた方法になります。

 

一括査定で52万円もの差が開きました▼▼

 

トラック買取査定は実際どのくらいなの?

 

トラックは凄く人気のあります。
その中でも2tや3tといった中古車を求めている方は多くいます。

 

ですので、売る方からしてみては売れる車種と言えます。
ですが、査定価格は同じ3tトラックであってもマチマチなのが現状です。

 

それはなぜか?
走行距離や年式、サビなどのボディの状態で査定額が変化するからです。

 

それを踏まえた上で3tトラックの買取価格を参考にして欲しいと思います。

日野 デュトロ 年式:平成18年 走行距離10万km
買取価格 136万円

 

三菱ふそう キャンター 年式:平成16年 走行距離6万km
買取価格149万円

 

いすゞ エルフ 年式:25年 走行距離9万km
買取価格202万円

以上、このような価格で買取りしてくれていることがあります。
ご参考にしてください。

 

一括査定で52万円もの差が開きました▼▼

 

 

トラックの査定基準

 

少しでも高く売れるのであれば売却したいですよね。
そこで、中古トラックを査定してもらう時にはいくつかの査定基準があります。

 

その査定基準についてご紹介します。

 

 

年式や走行距離は関係する?

 

まずはトラックの年式や走行距離についてです。
やはり年式は新しいければ、新しい方が評価は高くなります。

 

走行距離は少ない方が評価は高くなります。
ですが、走行距離と年式でいえば年式が新しい方が評価は高くなります。

 

また、走行距離が少なくても故障していては評価は下がってしまう傾向があります。

 

 

外装と内装は関係する?

 

トラックの外装や内装はやはりキレイな方が評価は高くなります。

 

そして、内装よりも外装のサビやキズの部分が少ない方が評価は高くなります。

 

やはりサビやキズは印象での評価が下がってしまいます。
なので、洗浄や磨けるところは査定までに磨いておくと良いといえます。

 

 

事故車や不動車のトラックでも大丈夫?

 

事故車や動かなくなった不動車のトラックでも査定してくれるのかと思われる方もいます。
これは動かなくても査定はしてくれますので安心して下さい。

 

ですが、査定を依頼するところで価格に大きな開きがでることがあります。
それはトラック買取業者と自動車買取業者に依頼することで開きが出てきます。
オススメはトラック買取業者です。

 

トラック専門に扱っていますので、事故車や水没車であっても値段をつけて買取ってくれるのが大きなメリットです。

 

 

ディーラーの下取りは得なの?

 

トラックをディーラーで下取りすることをお考えの方は買い替えたい方がほとんどだと思います。

 

ですが、買取と下取りでは買取の方が査定額は高くなることが多いです。

 

ですので、買取を行ってもらいその分の金額で買い替えを行った方が自己負担が少なく済みます。

 

 

査定するならトラック買取業者が断然お得!

 

上のような値段をつけてくれているのがトラック買取を専門に行っている業者になります。

 

ですので、今お持ちのダンプを売りたいのであれば車買取店よりかはトラック買取店の方が査定額が高くだしてくれますのでオススメです。

 

一括査定で52万円もの差が開きました▼▼

 

 

5分でわかる!大型ダンプの買取相場はこちらへ